都立高校入試で苦手を克服させるには個別指導塾が一番

特色ある私立高校への進学は人気がありますが、やはり都立高校へ進みたいという受験生は昔から多いです。しかし、都立高校の入試には調査書と学力テストの二種類で決められてしまうことから、中学一年からの地道な学習が重要になります。その入試対策は長期に渡りますので、一個人ではなかなか難しいと言えるでしょう。こうしたことから個別指導塾が注目されています。

嫌なこと、嫌なもの、人に見られたくないもの、そういうものを隠したくなる心理は何も動物だけの習性ではありません。人間だってまったく同じです。ちょっと考えてみれば思い当たる節もあるのではないでしょうか。たとえば、こうした傾向が顕著に現れるのが学生です。

回りの生徒と同じように学校の授業を受けていても、どうしても受け入れることができない科目もあります。人間なのですから好き嫌い、得意不得意はあって当然です。それ自体はたいして問題ではありません。ただ、それを人に知られないように、あるいは故意に心のどこかに隠してしまおうとすることが問題なのです。

嫌いなものだから敢えて触れずにいる、苦手だから人には話せないでいる、そういう心理がますます苦手意識を膨らませてしまう結果につながります。こうした問題は学校などの集団指導スタイルでは解決することは難しいでしょう。たくさんいる生徒の中のたった一人の生徒に焦点をあてて指導することなど不可能です。そこで個別指導塾が注目されるようになりました。

これは個別に指導することができることから、生徒一人に標準を合わせた授業ができます。もちろん、その生徒の嫌いなところや苦手な部分を理解して、それに相応しい指導をすることが可能です。嫌いな科目や苦手な箇所を逃げずに克服することは、生徒個人の力ではかなり困難だと言えるでしょう。個別指導塾ならば、そんな困難にも無理なく打ち勝つことができます。

都立高校入試のような長期に渡る学習には最適です。

Leave a comment

Your email address will not be published.


*